ほうれい線の消し方エステ並みのマッサージ方法!メイクや化粧品は?

スポンサーリンク


ほうれい線の消し方やエステに通わなくても自分でできるマッサージ方を知ることは、いつまでも若いお顔でいれるために非常に重要なことです。

悲しいことに、どんなに髪型やメイクで若作りしても、ほうれい線や小じわがあるだけで、老けて見えます。

ほうれい線の消し方
 

以前、NHKのためしてガッテンでも、ほうれい線の消し方が紹介されていましたが、8割以上の女性がほうれい線に悩んでいると言われています。

しかも、30歳を超えれば、ほぼ100%の女性が少なからず、ほうれい線を消したいと思っていると思います。

そこで今回、ほうれい線や小じわに悩む方のために、ほうれい線の消し方やマッサージ法・筋トレ法をご紹介します。

更に、ほうれい線や小じわの解消に最も効果があると口コミで話題の化粧品・スキンケアもお教えします。



まず、ほうれい線とは、小鼻の両脇から唇の両外側に向けて伸びる2本の線(シワ)のことを言い、このほうれい線があることにより老けて見えます。

全く同じ顔でもほうれい線があるかないかだけで、年齢が15~20歳ぐらい老けて見えませんか?

ほうれい線の消し方
 

なんだか最近老けてきたなっと思う人は、ほうれい線が目立つようになったことが原因である場合がほとんどです。

ちなみに、このほうれい線、若者にもあります。

若い人は、今は肌がピンと張っているため、目立たないだけです。

年齢を重ねて衰えることで顔がたるみ、ほうれい線のシワがくっきりとしてきます。

つまり、顔のたるみがほうれい線の原因となっているのです。

そして、顔のたるみの原因は、お肌のハリの低下と顔の筋肉の衰えによるものです。

顔の肌のハリが低下すると重力により垂れ下がり、顔の筋肉表情筋が衰えると重力に逆らえなくなりたるんしまいます。

また、顔の筋肉を包んでいるお肌も合わせてさらに垂れ下がりますので、結果的にはお顔を全体が垂れ下がり、見た目も老けて見えます。

では、一体どうすればほうれい線や小じわを防ぐことが出来るのか?

そのためには、顔のマッサージや筋トレで顔の筋肉をつけ、ほうれい線や小じわ防止専用のスキンケア対策を行うことにより、お肌年齢や見た目年齢を20歳以上若返らせることが可能です!


スポンサーリンク



では、まずほうれい線を消すマッサージを解説します。

ほうれい線を消すマッサージで、リンパマッサージが主になります。

目の周り

目の外側・外周から内側へ、目の下を通って目頭・目の上経由でこめかみへ。
そして、最後にこめかみから首にかけて流して下さい。

目の周り以外の箇所

顔の内側から外側へ向かって、リンパに沿って流して下さい。
普段の顔のお手入れ時に行うだけでOKです!

下を使ったエクササイズ

舌を使って、口の中・ほっぺたの内側に強く押し当てながら、時計回り・反時計回りに回して下さい。

この運動により、内側から頬の筋肉が鍛えられます。

また、ほっぺたを上下左右、順番に膨らませるのも効果的です。

このリンパマッサージやストレッチ(鍛える運動)を行うことで、ほうれい線の解消に効果的です。

これ以外にも、口笛のように唇をすぼめて深呼吸したりするのも効果的です。

また、以前、ためしてガッテンでもリンパマッサージが紹介されていたほうれい線の消し方マッサージ法も、今回紹介しているようなマッサージを行い、リンパの流れを改善する方法でした。


ただし、注意しなければいけないことは、マッサージやストレッチだけでは、ほうれい線や小じわを完璧に解消することは出来ないので、その点だけは気をつけて下さいね。

ほうれい線・小じわ解消に効果的な専用のスキンケアで毎日しっかりと対策を行うことにより、顔のたるみや老化を防ぎ、若々しい見た目を保つことが出来ます。

特に、乾燥肌や敏感肌の方は、スキンケア対策は老化防止のために必須となります。

乾燥肌や敏感肌ですと、それだけで老けて見えますので、敏感肌専用のスキンケアも同時に行うことにより、若返りが可能となります。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ